東京小旅行

今朝7時に大阪到着。うぅ~疲れた・・・
夜行バスでの日帰り旅行はこれが最後かも。2階建てバスの2階席だったからか、とても揺れて、異常に疲れてしまった。年ってやつか?!
今度バスを使う時は、行きか帰りかどっちかにしよう。

バスはともかく、東京観光はまあまあ、トークセッションは素晴らしく楽しかった!
c0065676_17333672.jpg←コレ、見てくださいよ~。目の前で直筆サインいただきました。しかも私の名前入り。しかも一人ひとり違う「一言」入り。鼻血が出そう・・・
今回を皮切りに、穂村弘さんと高原英理さんが何回かトークセッションをして、それを本にまとめるらしい。
今回のテーマは、「80年代」。私は1980年に産まれたので、話を聞いていても、その時代の感覚をリアルに理解できないのが残念。でも穂村さんが言うところの「キラキラ」の発生源が、80年代の穂村さん自身にあることはよく分かった。
トークの後、お客さんが紙に書いた質問に穂村さんと高原さんが答える、というコーナーがあって、なななんと、穂村さんが私の質問を選んで読んでくれた!うれしぃ~。
他の人の質問に、「『今、会いに行きます』や『世界の中心で愛をさけぶ』といった、全くハスに構えない文学が多くの人に受け入れられる現代をどう思いますか?」というのがあって、それに対する「今は共感を求める時代。共感の中にも驚異が無ければ、新しい感覚や表現は生まれない。」という穂村さんの意見に、ふ~むと思う。
この質問コーナーも本になったらいいな。
  
                         ******************

c0065676_2343154.jpgc0065676_23422050.jpg早朝に着いて、トークセッションまではかなり時間があったので、江戸東京たてもの館へ。
宮崎駿氏が「千と千尋の神隠し」の参考にしたとかで、一回行ってみたかったのでした。
建物を外からのぞくだけかと思ったら、靴を脱いで中まで入れて、ボランティアの人たちがいろりでお湯を沸かしていたりしていた。ほどよく使いつつ、残していこうとしてるみたい。のんびりゆったり、良い場所だった。
c0065676_0034.jpgお昼は、池波正太郎氏推薦の洋食屋「煉瓦亭」でポークカツレツを食べようと決めていたのに、なんと定休日!日曜日に開いてないところはないと思って、定休日なんか全く調べていなかった・・・あ~悔しい。
仕方が無いので、同じ銀座のピエールマルコリーニでアイスを食べてよしとする。でも→コレで¥630ってどうなんでしょ~。。おいしいけどさ、高いんでないの??

遠路はるばる出かけて行ったかいあって、なかなか充実の日曜日でした。
[PR]
by aicoro.n | 2005-08-30 00:08 | おそと生活


<< マイヤヒー! ただいまトーキョー >>