本とランチと映画とまくら

c0065676_21181115.jpg

幼稚園の先生をしている友人が、今日から春休みなのでさっそく連れ立ってランチへ。
平日の真昼間に友達とランチ…「平日の真昼間」ってのにまだ慣れない。でも今までにない開放感が楽しい♪

私はその前に、こないだ発売された、穂村弘著『現実入門』を買いにジュンク堂へ。
穂村弘さんの本は、とても好きだ。私の知る限りではこの穂村弘さんという人は、サラリーマンで詩人、エッセイストで翻訳家であるという。すげぇ。今日買ったのはエッセイ集で、ちょこっとだけ読んだけど面白くて読み進むのがもったいないほど。

その後友人と落ち合って、ランチをしながら旅の計画などを練る。今月の27日に一泊二日で北野ホテルへ行くことにしたので、その時に行きたい晩御飯のお店やバーを研究してみたり、夏休みに異国へ行こうかと考えてみたり。若さと蓄えと暇のある今の私って、何でも出来そうでわくわくする。
計画がまとまったところで、友人は買い物をすべく高島屋へ。見たい映画まで時間のあった私は、またもやジュンク堂へ。映画上映までの2時間で、角田光代著『対岸の彼女』を読破できるかと思ったけど無理だった。また読みに行かなきゃ。

映画は、試写会に行った人が「また見たい」と言っていた『ロング エンゲージメント』。登場人物の数が私の記憶力の範囲を超えていて、人間関係を把握しながら見ることはできなかったけど、残酷な戦争の場面やそれとは対照的な田舎の風景だけでも見ごたえがあった。会話の端々にユーモアがあるのも良かった。忘れないうちにパンフレットをじっくり読んで、人物の関係を把握したい。

家に帰ったら、カードのポイントでたのんでいた景品がいくつか届いていた。その中には私がずっと欲しかったテンピュールの枕も!ヤッター!今日の夜はこの枕で、パンフレットと本を読みながら夜更かししよう。。
[PR]
by aicoro.n | 2005-03-25 22:55 | 映画生活


<< お姉ちゃん 初七日 >>